MENUMENU
previous arrow
next arrow
Slider

ゆるぎなく神様を待ち望む

今、香港は苦境に立たされています。私たちは堅固な心で神様を待ち望まなければなりません。神様を待ち望むことは私たちと神様を繋げます。

主が設けられた日

この日は主が造られました。たとえ蜂に囲まれたような困難な状況だとしても、現状に目をとめず、政府の行動に振り回されず、人々の感情がたかぶっても、私達はレビ族の祭司としての役目に踏みとどまり、ただ神様にだけ信頼をおくべきです。信仰をもって神様だけを仰ぎ見ましょう。なぜならば神様は必ず私達に最善を与えられるからです。

この時代の祭司となる

神様に感謝します!神様はこの嵐の日々の中でも御言葉を語って下さっています。また神様が全地を御支配されているという確証も私達に与えて下さっています。

いつも喜んでいなさい

最近の「逃亡犯条例改正案」に対してのデモによって、警官と市民の間に衝突が起こり、敵意と対立によって社会は恐怖と不安に陥っています。

いのちの木だけが解決の道

主を賛美します!先週の土曜日の第二礼拝で康忠義牧師(カン ジョンイ牧師、Pastor  Israel)と彼の妻は高雄(カオション)にある天泉611霊糧堂(Heavenly Spring 611)の主任牧師として「52年であらゆるところにいのちの木を植える」ビジョンに達成していくために遣わされました。

いのちの木の教会の視野

最近、香港は大きな緊張感に包まれています。香港特別行政区政府が提案した「逃亡犯条例」改正案に対して大規模なデモが起こりました。

香港の平和の為に祈れ

先週の日曜日、私たちがイスラエルで祈りの歩行をしていた時、香港で100万人ほどのデモが起きたという衝撃的なニュースが耳に入ってきました。

イスラエルの平和のために祈れ

神に感謝します。先週の日曜礼拝の後で、私たちは年に一度の144人のリーダーによる総会を開き、以前を振り返りつつ今後の展望を語り合い、主が今まで私たちの教会に成して下さったたくさんの恵みをともに振り返り […]