MENUMENU

低きに見る主の恵み

人のいのちが本当に開かれるようになるのは容易ではありません。時間が経つほどに、彼の周りの人々もどうしようもなくなって行きます。麗嫻(リーシャン)の分かち合いは、わたしににとって慰めでとなりました。ただひたすらに愛の中、牧会をあきらめなかったために最終的にわたしは夜明けを見たのです。

わたしは三十年以上前に結婚し、その後夫がとても奇妙な人だと知りました。彼はしばしば教会で祈りの集会を導いていましたが、家で祈ることはありませんでした。日曜礼拝では賛美歌を歌いますが、普段は歌うことはありませんでした。彼はいつも兄弟姉妹と楽しく話していましたが、家では毎日一人でテレビを見ていました。彼は教会ではリーダーをしていて、私たちは喧嘩しない夫婦の模範と見られていましたが、その信仰生活は停滞していて前に進めないでいました。夫は変えられることを望んでおり、とても努力していました。信仰のための本を買い、特別集会に参加したりしていましたが、結果は知識ばかりが増えるだけで、いのちはそのままだったのです。

13年前、私たちは611に来て、多くの奇跡を見、霊的な人々がたくさんいるのを見ましたが、私たちの進歩は限られており、牧師先生と師母がいつも「修理」する対象になっていました。

夫は重度の不眠症で、通常は2〜3時間の睡眠後に目覚めますが、目覚めた後は不可解なパニックとネガティブな感情に陥り、その後再び眠ることができなくなります。彼はとても疲れていて多くの憂慮を抱えていました。数ヶ月前、彼は眠れないときは、ベッドに横にならないと決めました。彼は起きて聖書を読み、信仰書を読み、霊的な歌を歌うことにしたのです。

彼は自分が「見た目だけのクリスチャン」であり、主イエスの心に触れていなかったことを認めました。主を信じて44年間、彼は自分の人生がとても低く、難しいことを見出しました。彼は自分の状態を公に認め、聖書を真剣に読み始め、心から追求し始めました。彼は常に自分の心を軽くたたき「イエスはここにいる、イエスはここに住んでいる。」と呼びかけるようになりました。

ある朝、私の夫は目を覚まし、食卓に置いてあった新聞を見て「このネガティブな新聞の記事を使って新しい一日を始めるのは良くない!」と言いました。それから彼は書斎に入り、座って、聖書を開いて、注意深く読み始めました。私は彼の後ろに立って、彼を見て、とても感動しました。実際わたしは、何度同じ言葉を彼に言ったか分かりませんが、彼はそれを聞くことはなかったのです。しかし思いがけず、彼は突然変わったのです。人にはできないことを神がなさったのです。

わたしは彼らのゆえに感謝します。謙虚に自分の低さを認めるなら、その人の上に神が働くことができます。リーシャンの夫の不眠症は奇跡的に癒され、夫婦のコミュニケーションはスムーズになりました。主は本当に恵みと慈悲に満ちておられます。

【延伸閱讀】

二人が一つになるように、霊的彫刻家
ジョシュア牧師先生と私がヨーロッパにいたとき、ミケランジェロの人生を通して、とても重要なメッセージを受け取りました。それは、神様が18年間の牧会を認めて下さっただけではありませんでした。 Read more
いのちの彫刻師
私たちはヨーロッパ旅行を終えて旅の疲れはありましたが、心は元気付けられて香港に戻ってきました。私たちは早速教会の家族朝食会に聖書学校の生徒を特別に招き、神が導いてくださった奇しきミケランジェロの旅について分かち合いました。 Read more
低きに見る主の恵み
人のいのちが本当に開かれるようになるのは容易ではありません。時間が経つほどに、彼の周りの人々もどうしようもなくなって行きます。 Read more