MENUMENU
previous arrow
next arrow
Slider

神様が昇り、教会も昇る

2023年を振り返って、香港は困難な状況を通されました。経済は復興してきていますが、突破口が必要な分野もいくつか残っています。しかし、スタッフみんなで集まって神様のみわざを数えてみると、みんなが昇ってきているということに気づきます。兄弟姉妹の家族関係だったり、いのちの木を植える働きが発展したりだったり、神様の恵みは豊かにあり、このことで私たちは大きな感謝を神様に捧げます。

児童・家庭部長の秀穎さんと青年教会のヨアシュ君の分かちあいを聞いてわかったことは、教会が説教や牧会を通して結婚に関する神様の心を語り続けているということでした。さらに、夫婦キャンプでのオーダーメイドの助けにより、数多くの結婚関係が回復され、みなの人格ももっと正直でオープンになりました。家庭が再建され、両親の心が子どもに向けられ、子どもたちの心が両親に向けられています。

教会では良いニュースが重なっております。若いスタッフたちが結婚しました!また「いい子」で通ってきたスタッフたちが心の内の束縛を断ち切ることができました。青少年のスタッフたちが、自分のBEINGに入ることができ、喜んで奉仕できています。神様は私たちが人間関係において喜んで繋がれるように助けて下さいました。私たちのバスケットボールのチームも、サッカーチームお、少年劇団なども、みなのBEINGの熱情に応じて生まれました。神様の働きは楽にできるということが分かってきました。

ジェーソンも自分自身の変化を思い起こしていました。彼は真剣な責任深い用心深い人間です。彼は全てにおいてしっかりとした計画と方向性を準備することに慣れていました。しかし、今年行った大規模な大会は、RAWの方式で行われました。なんのスケジュールも前もって組まない状態で、最後の瞬間での取り決めでおこなうと、とても油注ぎがありました。何度か、彼はメモを置き忘れてしまいましたが、今までの人生で蓄えてきた御言葉によって、彼はモーニングディボーションで説教することができました。これを通して、彼は解放感を覚えました。これらは彼にとって新しい経験なのです。今、彼は自分が今までどれほど固かったかを知りました。

母教会だけでなく、私たちの枝教会も変えられました。新鋭611教会は土地を手に入れ、いろんな方面で発展しました。新鋭611は社会運動の時期に開拓されました。感謝なことに、彼らはネガティブにもならず、独りよがりにもならず、固く立っています。いのちの木の目を通して、私たちの教会は、善悪の知識の木ではなく、「心板化された十戒」を自分のものとしました!牧師やセルリーダーの皆さんがセルメンバーたちを助けて、彼らの人生を建て直し、教会がもっと家庭のような雰囲気になってきました。

社会が心配と戸惑いに満ちる中、私たちは神様の愛をもって愛し続けます!受け入れることを学びます!もしクリスチャンが神さまと良く繋がっていないなら、様々なうわさや流言に影響されて、恐れに負けてしまいます。2024年を迎えるにあたって、私の兄弟姉妹への願いは、彼らが信仰をもって固く神様についていき続け、神様のみわざを見ることです。■【2023.12.31】

【関連記事】

アフリカの地でいのちの木を植える
3月初旬、私と師母はレビ人の教師チームを連れて初めてアフリカの地に見学旅行に行きました。 Read more
あらゆることに感謝し、もっと憩いましょう
現在の世界的な混乱や次々と押し寄せるネガティブなニュースを見ると、簡単に恐怖や不安に陥る人がいるかもしれません。 Read more
霊的な者は主にあって勝利する
先週の月例祈祷会で、ジェイソン牧師は現在の世界情勢は非常厳しく、暗闇がこの地を覆っていると語りました。 Read more