MENUMENU
previous arrow
next arrow
Slider

あらゆる所に、いのちの木のコミュニティを植えていこう!

先週、私たちは教会の21周年を共に祝いました。いのちの木の真理の啓示をいつも与えてくださる神様に感謝します。611教会は神様が私と師母に約束された霊の子どもでした。2001年の母の日に最初の礼拝を行って以来、神様がこの子どもをご自身の御手を持って育ててくださり、この子は360度どこから見てもいのちの木となり、固く立って絶えず増え広がっていくようになっています。私の心は感謝で一杯です。

21年間を振り返ると、神様の教会を導く様はとても素早いものでした。たったの3人、私と師母、デボラ先生だけで始まりました。今、会衆は一万人近くにまで成長しています。台所の生ごみをたい肥に変える働きに神様が私と師母を用いて下さったこと、このたい肥がいのちの木といのちの木コミュニティに肥料となり、大きく建てあげてくださったことを感謝します。いのちの木の葉は、諸国の民を癒やします。みなが霊的な栄養を受け取り、いのちの木になることができます!

私の弟子の一人、クリスタルさんは、中学時代に611教会にやってきたとき、人生はボロボロでした。その後彼女はここで人生の重要な出来事をいくつも体験しました。父親を亡くすこと、結婚、子どもを生むことです。彼女は癒やされて、いのちの木コミュニティで建て上げられました。今や彼女は青年部のリーダーであり、多くの若者の霊的母親となり、いのちの木の栄養を次世代に渡しています。神様のなさる業はなんと美しいことでしょう!

611聖書学校も2004年に建てさせていただき、多くの器を育てることができて感謝です。二年前に、パンデミックの影響で、聖書学校がオンライン型スクールになり、海外の牧師たちもいのちの木の栄養を受け取ることができるようになりました。このように、52年間であらゆる所にいのちの木を植えるビジョンは、実現できるのです。

2008年、神様は611教会を導いて、ここ荃灣に神の家を建てさせました。地理的には香港のど真ん中です。憐れみの御座の会堂の天井にある十字架のデザインも神様から与えられたものです。この記念礼拝のメッセージのために、黙示録を読む中で、神様が示してくださったことがあります。それは新しいエルサレムの中心にはいのちの木があること。香港の中心には611教会があるということです。神様はなんという驚くことをされるのでしょう!

神様はまた、私達の教会を用いて、土地をも祝福してくださいました。最近の政府の発表によると、荃灣は香港18地区の中で5番目に収入が高いらしいのです。荃灣に私達が初めて引っ越して来たときは、最下位から2番目でした。いのちの木がずっとこの土地を変革し続けて、この地を新しいものとしてくれたのです。

21周年に、神様は私のメッセージも更に進歩させてくださいました。以前まで私の説教の方法は理論的で、聖書を講解することに気を使っていました。十戒と8福のシリーズをメッセージしてからは、説教の鍵は、人々を神様と霊的に繋げることであり、それによって生き方を変えることであると気づきました。それで記念礼拝では、黙示録に書いてある幻の中に会衆を導き入れることにしました。また、神様が示してくださったことは、全員、一人がもう一人をいのちの木コミュニティに連れてきて繋げると、いのちの木コミュニティはそれで2万人になるということです。このように、全地にいのちの木を植えるビジョンは、たしかに実現します。

親愛なる兄弟姉妹、神様から与えられたいのちの木を大切にしましょう。真理に飢え渇き、神様と繋がり、360度のいのちの木となって固く立ち、絶えず増殖しましょう。そして、全地にいのちの木を植えていきましょう!
【2022.05.15】

【関連記事】

植えるために器を建て上げていく
「全地にいのちの木を植えるビジョン」の実現において、メディアは重要な役割を担っています。 Read more
あらゆる所に、いのちの木のコミュニティを植えていこう!
先週、私たちは教会の21周年を共に祝いました。いのちの木の真理の啓示をいつも与えてくださる神様に感謝します。 Read more
立ち上がって、あらゆる所にいのちの木を植えよう
今年の「母の日」は611教会創立21周年です。今年もまた、私は神様に師母を与えてくださって感謝したいと思います。 Read more