MENUMENU
previous arrow
next arrow
Slider

神様についていき、正しい選択をする

神様に感謝します。神様は引き続き二世代間の信頼と関係を立て上げて下さっています。私とデルフィーン師母は、二週連続の日曜礼拝で「いのちの歌」と「天地の契約」のメッセージをしました。いのちの木の下で父親となるべく召し出された私達が次の世代を弟子化していくことを語りました。そして、その次の日曜日にはデボラ先生が「愛があり、信仰があり、そして栄光がある」というタイトルでメッセージをしてくれました。メッセージの中では、デボラ牧師先生の人生の証と、妹との関係についての証の劇がありました。真理は自由をもたらします。メッセージと証を通してデボラ先生の気持ちが解き放たれただけでなく、兄弟姉妹に癒しをもたらしました。

新型コロナウィルス感染症が蔓延し、経済も落ち込んでいる中で、二世代間のギャップを埋める事ができたことを神様にとても感謝しています。一連のサミットミーティングで、親としての愛を彼らと顔と顔を合わせて流すことができました。同時に、若者たちも彼らの中にある葛藤、疑問、そして考えを私達に分かち合うことが出来たことを喜んでいました。

水曜日にDSE(香港の大学入試)の結果発表がありました。結果をもらい、ある生徒たちは喜んでいましたが、何人かの生徒たちは心配そうな表情を浮かべていました。しかしながら、たった一回の試験の結果で、人生の成功と失敗を決定づけることができるでしょうか。どのような結果であっても、私たちは人生を歩み続けなければなりません。試験結果が良かった生徒の皆さん、おめでとうございます。そして、もし思うような結果でなかったとしても、続けて奮闘努力し成長していく事を励ましたいと思います。試験結果に関わらず、神様はあなたの人生を大いに用いる事が出来るからです。

「信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。」 ヘブル人への手紙 11章6節 私たちは、たくさんの困難に直面しています。世の価値観が選択するときの基準になってはいけません。私たちはイエス様に目を向けなければなりません。このお方は全てを支配してらっしゃるからです。
天のお父さんは私たちを訓練するために様々なことを用いられます。ですから私たちは信仰を持ち続けなければなりません。神様が私たちを香港に置かれたので、香港で神様について行けばいいのです。私は以前カナダに十数年住んで、たくさんの場所を訪れました。しかし、私は神様が深く香港を愛し、祝福し、そして用いたいと願っておられる事を感じます。

将来、状況はさらに困難になるでしょう。学業や就職に関係なく、若い世代の人たちは大変な環境の中にあります。私たちの子どもたちに励ましのことばを贈ります。若い世代は私たちの世代からの覆いと励ましを必要としています。彼らは、この世の価値観についていく事の代わりに、さらに真理を知り、ついていく必要があります。時が良くても、悪くても神様について行けば、必ず正しく選択する事ができ、神様の栄光を見ること出来るでしょう。【2020.07.26】

ジョシュア•チャン師
本稿は611霊糧堂週報 994号より抜粋

【関連記事】

状況ではなく、神様について行こう
神様を賛美します。今年私たちは二週連続で仮庵の祭りを祝うという前例のない方法を取りました。 Read more
祈りによって神様についていく
主を賛美します!大贖罪日を終えてただちに仮庵の祭りを祝います!神様について行くとき、私たちは神様と歩調を合わせなければなりません。 Read more
仮庵の祭りの前の悔い改め
先週はユダヤ暦で新年(Rosh Hashana5781)を迎えました。その後大贖罪の日(Yom Kippur)があってから仮庵の祭り(Sukkot)があります。 Read more